フラメンコギター 爪の長さやお手入れの方法

フラメンコギターは爪で弾きます。ピックは使いません。ですので爪は伸ばしておく必要があります。

フラメンコギターの演奏は、クラシックギターよりハードに爪を使います。ラスゲアードでかきならすときは、爪の表側を使いますので、削れていくんです。

フラメンコギタリストの爪のお手入れ

左手の爪は特に気を使うこともなく、短くしておけばよいでしょう。伸びていると弦が押さえにくくなります。

右手の爪はある程度の長さが必要です。短すぎると弦に爪が当たらないし、長すぎると引っかかって弾きにくいです。

上の写真の手は私の手ですが、これでギリギリの短さです。子供や年寄りに触れる機会が多いので、あんまり伸ばせないんですよね。

ホントは親指の爪をもう少し伸ばしたいです。バチンと強いアポヤンドを弾くには、少し引っかけてタメを作れるほうがいいです。

その他の指は、指の腹と爪が同時に弦に当たる程度の長さが良いでしょう。長さによって弾きやすさや音量など変わってきます。

また、爪のカーブの付け方で、タッチの感じが変わりますんで、これはもう、いろいろ試しましょう。失敗しても、爪はまた伸びてきますので大丈夫。

ガラスの爪とぎが、よく削れるし、細かく削れるので便利です。左手は爪切りでもいいですが、右手に爪切りを使うと爪の繊維を壊してしまいますので、削るほうが良いです。

日常生活で、ドアを開けるときや瓶の蓋を開けるときなど、爪をうっかり引っ掛けると欠けたり、剥がれそうになったりしますので、注意が必要です。

美しい女性のお肌を、引っかかないようにも気をつけましょう。

フラメンコギタリストが爪の保護に使う道具

ふだん、あんまり練習していませんので、爪の保護は特にしていませんが、演奏会の前とか、詰めて練習すると、やっぱり削れて薄くなって割れやすくなります。

そういうわけで、そんなときだけ保護するようにしています。

薄いプラスチックを接着剤でつけたり、マニュキュアをつけたり、いろいろ試しましたが、オススメは瞬間接着剤アロンアルファの「釣り名人」ですね。

普通のアロンアルファだと、表面が白く粉っぽくなるし、ゲル状だと乾くとトゲトゲになるんですが、釣り名人は、表面がのっぺり良い厚みを残して乾きますんで、ちょうどいいんです。

私は釣りに詳しくないもんで、釣りのどういうシチュエーションで使われるのか、よくわからないのですが、爪の保護に使われるとは、開発者も考えなかったでしょう。

接着剤は健康上の問題はあるのかないのかわかりませんが、私が使った感じ、特に問題ないような気はします。


使用用途に、「フラメンコギタリストの爪の保護」とは、書いていなさそうです。

[フラメンコギター] ブログ村キーワード