ギター上達のコツ 歌えない曲は弾けない

ギターの下手くそな人、まあ、私もなんですけど、曲を頭でわかってない、ということはないでしょうか?

曲を指で覚えている、もしくは譜面を見て指を動かしている、というだけでは、たどたどしい演奏になります。リズムも狂いがち。

フラメンコギターの、ツナギのリズムのパート、ジャマーダの部分は、指が勝手に弾いていればそれなりに調子よく弾けると思いますが、メロディラインになると急にたどたどしくなるのは、頭でメロディラインを理解できてないかも。

ギターを置いて歌ってみよう

ためしに、ギターを置いて、口で歌ってみると良いです。

素早いフレーズが口で再現できるかどうか? 口が追いつかなくても頭のなかでキチンと鳴っているか? 手拍子やメトロノームに歌が合っているか?

これができていれば、練習で指はついてくるようになります。

これができてないのに指の動きばっかりトレーニングしていると、コンパスがずれたまま覚えてしまったり、応用も利かないし、上達しないのです。

ギター上手を目指すなら、一旦ギターを置いてみることも必要ですね。

歩きながらでもクルマに乗りながらでも、ギター無しでできる効果的な練習方法です。

(と、先日、師匠に習いました。)