フラメンコギターの弦の選び方

Exif_JPEG_PICTURE

フラメンコギターといっても、弦はクラシック用でも特に問題はないでしょう。

私の師匠は、サバレスがいいって言っておられます。

フラメンコ用の弦も売っています。ラベラとか、赤い弦でカッチョいいですね。

フラメンコ用というわけではないですが、私はハナバッハのスーパーローテンションを使ってます。これも赤いんです。(袋は黄色)

弦はテンションによって性格が違います

テンション(張力)も強い弱いといろいろあります。

ローテンションは、柔らかめで、押さえやすいですが、ビビりやすくもあります。

ハイテンションは、カチッとした音がなると言われますが、固くて押さえにくいみたいです。私は使ってないのでよくわかりませんけど。

フラメンコは、ブリッジ近くで弾くことがほとんどなので、あまり固いと、ラスゲアドが辛くなるんじゃないかなという気はします。

最初は、中間のミドルテンションが、無難でしょう。ミドルテンションから始めて、いろいろ試してみるのがいいと思います。

ただし、ギター弦って、ものすごく種類もあるし、弦はギターとの相性があって、どれがいいと一概には言えないようです。

ギターショップアウラのサイトに、ものすごく詳しい比較データーが載っています。

>>ギターショップアウラ プロギタリストが選ぶ組み合わせ

相性も、部屋でポロンポロン弾いているくらいではわかんないですね。ライブで、ジャンジャカ弾いてやっと違いが分かるくらいでしょうか。

生音と、スピーカーを通した時でも違うし、弦の新しい古いでも、ずいぶん変わります。別の楽器かというくらい変わります。

むつかしいですね。

ですんで、私は、ビジュアル重視で、赤くてカッチョいいのを使っています。

サバレスにトマティートフラメンコというモデルが有るようなので、今度はそれを試してみようと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする