カホンはフラメンコギターと相性が良い楽器

カホン

カホンはペルー生まれの打楽器です。木の箱に座って叩くと音が出ます。

箱の後ろには穴が開いていて、音が響くようになっています。内部に弦や鈴などが仕込まれていて、ポコポコという木の音の他に、ジャリジャリとした効果的な音がなるようになっています。

カホンをフラメンコの演奏に取り入れたのは、故パコデルシアです。

カホンの音とフラメンコギターの音って、よく合いますね。音量の点でもそうですけど、普通のドラムセットでは、あの哀愁は出しにくいように思います。

フラメンコ独特のリズム、コンパスに合いやすいのも、歯切れのよい打楽器ならではでしょう。

夜のバーでちょっとしたライブ出演を良くしていたんですけど、カホンの人が来ている日は、いつも以上にたいそう盛り上がったものでした。

DSCF1276-001

(身長の制限はありませんが、足がつくようになってからが叩きやすいです。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする